TOP

コスト削減と業務効率の向上に大きく貢献します。

急コールは「メールを受信して電話で知らせる」クラウドサービスです

アラートメールが入った場合、急コールが自動で一斉架電を行い、対応可能者を短時間で特定することで、時間短縮が可能
お客様ご指定のキーワードを含むアラートメールを受信すると、予め設定した複数の担当者へ、優先順位に応じてシステムが自動で電話をかけます。担当者は、電話を受けるとボタンプッシュで対応可否の回答ができます。

夜間や緊急対応が必要な場面で、「担当者へのエスカレーションメール送信だけでは他のメールに埋もれて気づかない時もあるのでは?」とご心配の方に、「電話で知らせる」急コールは最適な連絡手段です。
また、追っかけ転送により、チームで対応できるので、担当されている方々にとっても精神的な負担軽減になります。

急コールのフロー

アラートメールが入った場合、急コールが自動で一斉架電を行い、対応可能者を短時間で特定することで、時間短縮が可能

急コールの特長

Webサイトから簡単設定

アラートを通知するメール内キーワードの設定や、架電先担当者グループ、呼出秒数など、Webサイト上で簡単に設定いただけます。

担当者へのスピーディな連絡が可能

アラートメールを受信してから、10~15秒程度で架電先へ電話発信が始まります。
個別にメールしたり、リストを探して電話をかける等よりも格段に時間短縮できます。

担当者はプッシュボタンで対応可否を回答

急コールシステムより担当者へ順次電話し、音声ガイダンスで対応可否を質問します。
担当者はボタンプッシュで質問に回答できます。
【ガイダンス例】 緊急の連絡です。電話対応が可能であれば「1」を、電話対応が不可能であれば「2」を押してください。

処理結果はメールとWebで確認

どの担当者が対応したか、状況をメールとWebで確認できます。


急コール導入で期待できる効果

  • 緊急時の連絡先の選択や判断時間を短縮します
  • 夜間や時間外の緊急対応を増員せずに対応できます(要員を減らす事によるコスト削減も可能)
  • メール受信に気付かず、対応の漏れや遅延を防止します