TOP

コスト削減と業務効率の向上に大きく貢献します。

急コールの運用イメージ

急コールが自動で一斉発信を行い、対応可能者を短時間で特定することで、時間短縮が可能