製品の特長・導入効果

製品の特長・導入効果

急コール 製品の特長

急コールの3つのメリット 急コールの3つのメリット

メールと電話の強みを合体!

急コールは、メールの件名と本文をチェックし、特定のメールだけを電話の音声ガイダンスで連絡する、クラウドサービスです。

件名と本文を解析、特定のメールを抽出

件名と本文を解析、特定のメールを抽出

1分間隔でメールの有無をチェックし、既定のキーワードが含まれているメールを抽出。アラートなどの特定のメールかを判断します。

担当者に順次電話連絡

担当者に電話連絡

メールを受信後最短15秒で、音声ガイダンスを使用した架電を開始します。今までの複数の連絡先へ個別にメールをしたり、電話を掛けたりするよりも格段にスピーディです。

担当者のレスポンスを取得(プッシュ回答)

担当者の回答を取得(プッシュ回答)

急コールが架電先担当者へ順次電話し、音声ガイダンスで対応可否を質問します。電話を受けた架電先担当者は、ボタンプッシュで回答することが可能です。

架電結果はメールとWeb画面で確認

架電結果はメールとWebで確認

回答や利用状況も、マイページから確認することができます。どの架電先担当者が応答したかの状況を、メールとWeb画面で確認することが可能です。

お客様毎のWeb画面でラクラク設定

架電結果はメールとWebで確認

急コールは、インターネット経由で簡単に設定や登録ができるクラウドサービスです。アラートをあらわすキーワードの設定や、架電先担当者リスト、呼出秒数など、インターネットに接続できる環境があれば、いつでもどこでも簡単に使うことが可能です。

急コールの導入効果

急コールは、メールの「正確性」と電話の「即時性」の良いとこ取りの、「重要な連絡に、早く気づく」をご提供します。
さらに、コスト削減の一端も担います。

導入前

急コールの導入前は、緊急時の連絡などで余分な手間やタイムロスが発生していました

導入前イメージ

【課題】

  • 対応者を特定するまでの判断に時間が掛かる。
  • 連絡先を間違えてしまうなどの作業ミスが発生する。
  • 並行処理が出来ないため、連絡対応に時間が掛かる。
  • 対応可否確認の通話に時間を要する。

→ 初動対応時間が遅くなる

  • 保守品質維持のために多めの人員が必要

→ 人件費の増加

導入後

急コールの導入後は、緊急時の連絡がスピーディになり、余分な手間も省けました

導入後イメージ

【改善】

  • 担当者の特定は、メールを自動で解析して行う。
  • 急コールが自動で処理するため、連絡先のミスが発生しない。
  • 架電先担当者のスキルに左右されないため、対応時間の短縮に繋がる。
  • 契約したch数(同時処理数)に応じて架電並行処理が可能。
  • 受電者の案件対応可否の回答は、音声案内とプッシュボタンで自動取得。

→ ミスや連絡の遅延が生じないため、クレームが減少

  • 増員が不要となり、更に作業負担が減るため、人員の適正配置も可能に。

→ 人件費の削減

コスト試算(例)

導入前の対応時
管理者 1名(人件費 60万円×1)
常駐対応者 2名(人件費 40万円×2)
合計 140万(+諸経費)
導入後の対応時
管理者 1名(人件費 60万円×1)
急コール 1システム(1万円 ※急コール最小単位)
合計 61万(+諸経費)

6割ほどのコストを削減!

急コールは、メールの「正確性」電話の「即時性」良いとこ取り
緊急連絡に最適なクラウドサービスです。

株式会社 ワイドテック
03-5829-4886
9:30~17:30(土日祝除く)