TOP

コスト削減と業務効率の向上に大きく貢献します。

急コールは「特定のメールだけを電話で知らせる」クラウドサービスです

お客様ご指定のキーワードを含むアラートメールを受信すると、予め設定した複数の担当者へ、優先順位に応じて「急コール」が自動で電話をかけます(以下、架電)。担当者は、電話を受けるとボタンプッシュで対応可否の回答ができます。

夜間や緊急対応が必要な場面で、「担当者へのエスカレーションメール送信だけでは他のメールに埋もれて気づかない時もあるのでは?」とご心配の方に、「電話で知らせる」急コールは最適な連絡手段です。
また、順次転送によりチームで対応できるため、担当されている方々にとっても精神的な負担軽減になります。

アラートメールが入った場合、急コールが自動で一斉架電を行い、対応可能者を短時間で特定することで、時間短縮が可能

急コールの特長

メールと電話の強みを合体!

急コールは、メールの件名と本文をチェックし特定のメールだけを抽出のうえ電話の音声ガイダンスで連絡する、クラウドサービスです。

  • 特定のメールを抽出
  • 抽出したメールを架電先担当者に電話連絡(音声ガイダンス使用の架電)
  • 架電先担当者からのレスポンスを取得(電話のボタンプッシュ回答)
  • 対応者決定等の架電結果はメールとWeb画面で確認
  • Web画面からラクラク設定

急コール導入で期待できる効果

急コールは、メールの「正確性」と電話の「即時性」の良いとこ取りの、「重要な連絡に、早く気づく」をご提供します。
さらに、コスト削減の一端も担います。

  • 緊急時の連絡先の選択や判断時間を短縮します(メール1本で架電先担当者全員に連絡)
  • 夜間や時間外の緊急対応を増員せずに対応できます(要員を適正配置する事によるコスト削減も可能)
  • メール受信に気付かず、対応の漏れや遅延が発生するのを防止します

急コールの機能

急コールは、「特定メールの抽出+自動架電+受電者レスポンスの取得」をご提供します。

  • 受信メール内のキーワード解析
  • 架電先担当者への自動架電(不通時などは順次架電)
  • 架電先担当者が受電すると音声アナウンスを流し、架電先担当者からのボタンプッシュ回答を取得
  • 対応者決定の架電結果を管理者にメールで通知(Web画面でも確認可能)
  • 全担当者が不通の場合は、リトライ架電を実行

急コールの利用イメージ

アラートメールが入った場合、急コールが自動で一斉架電を行い、対応可能者を短時間で特定することで、時間短縮が可能

上図は、「1架電パターン」の例です。急コールは、お客様アカウントと共に下記の「1架電パターン」を標準で提供いたします。
なお架電パターンは無制限にまで増やすことができます。(オプション)

【1架電パターンの仕様】

  • 受信用メールアドレス・・・1個(固定)
  • 架電用の電話番号・・・1個(固定)
  • 送信元メールアドレス・・・1個(設定は任意)
    ※送信元メールアドレス未設定の場合は複数の送信元メールアドレスを利用可能(標準)
  • 自動架電の条件とするキーワード登録・・・10個(件名で5個、本文で5個)まで設定可能
  • 音声アナウンス・・・3個(オープニング、「1」プッシュ時、「2」プッシュ時)
    ※送信元メールアドレス毎にオープニング音声を分けることも可能(オプション)
  • 架電先担当者(電話番号)グループ登録・・・20件(シフト1:10件、シフト2:10件)、最大50件(オプション)
  • 急コールからの架電結果メール通知先アドレス・・・最大3つまで登録可能