共用環境と独自環境の違いは何ですか?初期料金も異なりますが、それぞれのメリット、デメリットがあれば教えてください。

共用環境と独自環境の違いは何ですか?初期料金も異なりますが、それぞれのメリット、デメリットがあれば教えてください。

共用環境は複数のお客様にご利用頂く環境で、独自環境はお客様専用の環境です。
急コールは、VM(サーバー仮想環境)で提供するサービスで、1台のサーバーを仮想的に分割し、それぞれの環境でアプリケーションを実行しています。
共用環境は、1つのVMを複数のお客様でご利用いただくため、初期費用を抑えることができるのがメリットです。デメリットとしては、現在のところ確認されていませんが、同時アクセスが集中するなど、他のお客様と処理が重なった場合は、架電の遅延が発生する可能性がございます。
独自環境は、お客様専用のVMをご利用いただくため、お客様独自のカスタマイズが可能な事、他のお客様と処理が重ならないことがメリットです。デメリットとしては、初期料金が共用環境(30,000円/税別)より高くなることです(50,000円/税別)。