急コールの機能

急コールの機能

急コールは、お客様ご指定のキーワードを含むメールを受信すると、事前にリスト登録した架電先担当者へ自動で順番に架電するシステムです。
また、架電先担当者の誰からでもボタンプッシュによる対応可のレスポンスを取得すると、その時までの各担当者対応状態を管理者にメールでお知らせします。

急コールの主な機能

  • 特定メールを抽出(急コールに送信されたメールの件名と本文を解析)
  • 担当者に自動架電(順次架電又は一斉架電)
  • 担当者からのボタンプッシュ(レスポンス)回答を取得
  • 回答が対応不可の場合、リトライ架電
  • 架電結果を管理者にメール通知

機能詳細

        

架電パターン設定機能


【キーワード設定】

「メール件名」「本文」それぞれを最大5個までキーワードに設定できます。
キーワードは、件名、本文とも「全てのキーワードを含む」または「いずれかのキーワードを含む」を選択して設定できます。
※差出人メールアドレスは1件まで架電対象に設定できます
※環境依存文字は設定できません

キーワード設定画面

キーワードは、件名、本文とも「全てのキーワードを含む」または、「いずれかのキーワードを含む」を選択して設定できます。


【架電対象を設定】

架電する担当者名と電話番号を設定できます。(1架電パターン、2シフト)
※登録可能件数は、シフト1(例:日中)とシフト2(例:夜間)それぞれ10件まで登録可能です。

架電対象設定画面 架電する担当者名と電話番号を設定できます

※架電パターンは、1セット単位で複数増やすことができます。(オプション)


【管理者に架電結果をメールで通知】

事前に「処理状況送信先」に登録した管理者のメールアドレスに、架電結果を送信します。管理者は架電先担当者の中から誰が対応したかの対応状況が把握しやすくなります。
また、メール送信アドレスにメーリングリストを設定いただくことで、複数人で状況共有が可能になります。

受付、架電結果、抑止結果、静観結果のメール送信先アドレス登録画面 「急コール」の架電処理結果メールを携帯電話で確認できます

発信情報設定機能


【架電時の呼出時間、リトライ設定】

架電先担当者への呼出時間や、対応受託者不在の場合にリトライ回数の設定ができます。

架電時の呼出時間やリトライ回数の設定画面

アナウンス名称設定機能


【アナウンスセット】

架電先担当者に流す音声アナウンスです。オープニング、「1」プッシュで対応可と回答した場合、「2」プッシュで対応不可と回答した場合、3つでワンセットにしてご用意いたします。

アナウンスはオプションで変更可能です。
※お客様より音声データをご提供いただき、弊社にてお客様独自のアナウンスに設定変更(独自アナウンス設定)。
※お客様よりアナウンス原稿をご提供いただき、弊社にてお客様独自のアナウンスを作成、設定変更(独自アナウンス制作)。
※複数架電パターンをご利用で、架電パターンに応じて異なるアナウンスを使い分けたい場合は、アナウンスセット追加オプションをご利用いただけます(アナウンスセット追加)。


  • 音声アナウンス・・・3個(オープニング、「1」プッシュ時(対応可)、「2」プッシュ時(対応不可))
    <デフォルトの音声アナウンス内容>
    【オープニング】

    緊急のご連絡です。ご対応が可能であれば「1」を、ご対応が不可能であれば「2」を押してください。

    【「1」プッシュ時(対応可)】

    ありがとうございます。それでは、ご対応のほど、よろしくお願いします。

    【「2」プッシュ時(対応不可)】

    ご対応が出来ない旨、確認しました。再度ご連絡する場合がございます。

  • アナウンスセットの設定画面

    履歴管理機能(処理状況・処理履歴)


    【対応状況、履歴など一括管理】

    管理者へのメール通知だけでなく、Web画面上でも対応状況をご確認いただけます。
    また、架電結果の履歴も一覧表示されるので、一括管理が可能です。

    Web画面上で対応状況を確認可能。架電結果の履歴一覧も表示されるので、一括管理が可能

    急コールは、システム標準の機能に加え、オプション機能を各種ご用意しています。
    また、オプションで実現できないご要望は、別途開発を行い機能のカスタマイズも行います。

    機能についてご不明点がございましたら、是非お気軽にお問合せください。

    

    急コールは無料トライアルも可能です。お気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせはこちら